--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.20

遺言書の実物と筆跡鑑定

Category: 日記
先日の遺言書の件ですが、
弁護士を通じて遺言書のコピーを入手しました。


実物を見ての感想。


はっきり言って勝手に誰かが書いたものとしか
言えないような筆跡でした。


相手側の主張によると、姑も年齢が年齢だったので
ある程度の文字の歪みというか手が震える中での
遺言書の作成だったため少し乱れがあるということですが、
やっぱり第三者の誰かによる偽造を疑わざるを得ないようなもので
これは筆跡鑑定が必要だな、と感じています。


こちらも弁護士を通じて、今現在鑑定士を探しているところですが
もしこれが裁判でも採用されようものなら。。。


いろいろ憶測というか妄想が広がってしまいますが、
逆にこの遺言書が相手側の偽造だとわかれば
私たちに有利に働くことは間違いないので
そのあたりは慎重にいきたいものです。


とにもかくにも筆跡鑑定の結果が待たれますね。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Comment:1
2016
05.14

遺言書

Category: 日記
姑は結構前から認知症のような傾向があったので
自分で遺言書を書いて、誰に遺産を相続するという遺言を
残すのは正直難しいと思っていました。


が、小姑の立てた弁護士?代理人とのやり取りで
遺言書があるということがわかりました。


ただそんなこと聞いたこともないですし、
私たち夫婦と一緒に住んでいたので
それを書く機会があったなら必ず分かると思うのですが。。。


ここでまた仮説が浮上します。


そうです。偽造もしくは故意に書かせるという状況です。


現在そのあたりも実際の書類を見てみないとわからないというのが
私たちの弁護士、夫婦の意見です。


でも今までのことをいろいろ鑑みてもやはり偽造の可能性が高いですね。


すごくきな臭い。。。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



Comment:1
2016
05.10

親戚との縁を切る

Category: 日記
昔からいろいろなことわざというか言い伝えのようなものが
日本にはたくさんありますよね。


その中のひとつ。



「金の切れ目が縁の切れ目」



今、まさにそのような状況にいる私たち夫婦です。



結局あれからいろいろと話が進まなくて何も解決しないままの状態です。



このまま問題を長引かせたくもないので
家族、親せきとしての縁を切る覚悟を決めました。



こころを鬼にして感情論は受け付けず、
淡々と事を進めていくことにしようと決心したんです。



どういう風にするのか?はことが落ち着いてからゆっくりと
報告していこうと思いますので今はご了承ください。



こんな状況下でも元気に活力があるのは
やっぱりこのおかげなんでしょうか?



⇒ 酵素サプリ



心労は確かにあるんです。


でも身体は結構元気でいろいろできる自分がいるんですよね。


私と同世代の方に本当におすすめサプリですね、これは。


さすがベストセラー著者が監修したサプリだけあります。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ




Comment:0
2016
05.05

いざ交渉の席へ

Category: 日記
こんなタイトルの書き方をすると
何かの交渉が進んでいるかのような感じですけど、
先月の末から何も決まっていません。


私たち夫婦が立てた弁護士を通じて
小姑といろいろ話し合いをしたいのですが
面会を拒否して全く取り合ってくれません。


それどころか自分の主張を繰り返して
それ以外は交渉の余地なしというばかり。


全く大人の話し合いができないというのが現状です。


ちなみに小姑が主張する内容は?というと、
私たち夫婦が姑の遺産相続を放棄する、というものです。


何を根拠にこういう主張を繰り返すのか?
想像しがたいですがこう言っているわけですね。


ともあれ負けないように少しずつでも話を進めていこうと思います。

久しぶりにご協力お願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村



Comment:1
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。